厚労省の調査によると若い女性の平均体重は減少の傾向が見られます

Posted by mike on 2019年3月24日 in 生活 |

年々変化していく平均体重、近年はやせの傾向

ダイエットに取り組む時、例えば-5kgとか-7kgと目標を設定する人もいるでしょう。-7kgで服のサイズが2サイズ変わり、見た目にもはっきり変化があらわれるので、「痩せた?」と聞かれることが多くなります。

ダイエットをするからには、やはりサイズダウンできたり、プロポーションがよくなることは誰しもが期待するところでしょう。

標準体重は、自分が太ってるかどうかの基準によく用いられる目安ですが、いくつか算出方法があるようです。

グラビアアイドルが公表してる体重と3サイズはウソ?

厚生労働省の調査では、20~30代の男性で肥満している人の割合がわずかに増えているのに対し、女性はわずかながら減少傾向が見られるという結果が出ています。

同時に、20~30代の女性でやせている人の割合が増加しています。グラビアアイドルが公表している体重のほとんどが40kg台でウエストは57~58センチですが、これはサブリミナル効果を狙ったもので、実際のグラビアアイドルたちの体重や3サイズは違うといわれています。

実際、20代の頃グラビアアイドルだった女性タレントは、40代後半になった現在、その当時公表していたウエストは57センチだったけれど実際は67センチだったとカミングアウトしています。

ちょっと細めといわれている38kgは、11才女児の平均体重です。147センチの成人女性が仮に38kgだと低体温、免疫力低下のおそれがあり、とても健康的とはいえません。

事実、日本人女性の平均体重は52kg、ウエストは63~66センチ。これはバーゲンセールでよく出ている服のサイズに相当します。平均体重が減少している要因として、あまり体を動かさないため筋肉量が減っていることも影響しているのではないかといわれています。

標準体重はあくまで目安。無理のない目標設定を

標準体重や、BMI20~22の数値は最も病気にかかりにく健康的な数値といわれています。標準体重の求め方はいくつかありますが、よく知られているのは身長(cm)から100を引いて0.9をかけたものでしょう。

この数値から5%を引いたものが美容体重になります。体脂肪率は女性の場合20~23%が適正といわれています。20%より少ないとホルモンバランスが崩れ、体に変調をきたすおそれがあります。

25%以上になると肥満といわれています。体脂肪は多くても少なくてもよくありません。同じ体重でも体形が違うのは、筋肉量と体脂肪率の違いといわれています。脂肪は体重に比べ体積が大きく、2.7倍もの差があります。

体脂肪を減らすだけでもサイズダウンにつながるので、適度な運動は欠かさないように心がけましょう。

Copyright © 2014-2019 30からの女磨き All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.